歯の痛みは早めに治療しましょう

歯の痛みは早めに治療しましょう

虫歯は、初期段階ではほとんど自覚症状が出ない病気。痛みがないまま進行していくので、ようやく「痛い」と感じたときには、すでにかなり進行しているというケースも少なくありません。虫歯は進行すればするほど治療が難しくなり、また身体的負担や経済的負担が大きくなるため、すぐに治療することが重要になるのです。

こちらでは、田町・三田エリアの歯医者「三穂デンタルクリニック」が、虫歯治療についてご説明します。虫歯のことを正しく理解し、適切な対処をとっていきましょう。

虫歯とは?

  • 虫歯とは?
  • 虫歯とは?
  • 虫歯とは?

誰もがよく知っているようで、実はあまり正しく理解されていない虫歯。そのため、多くの方が再発と再治療をくり返してしまっています。虫歯は、お口の中のプラーク(歯垢)に棲みつく虫歯菌が食べ物に含まれる糖分をエサにして酸をつくり出し、その酸によって徐々に歯が溶かされてしまう病気です。風邪などのように、放っておいても自然に治ることはありません。

虫歯治療は軽度なほど簡単で、重度に近づくほど難しくなります。進行に合わせて治療に伴う痛みも大きくなり、反対に歯の寿命はどんどん短くなってしまいます。大切なのは、早期発見・早期治療に努めること。わずかな痛みや違和感でも、虫歯の可能性があります。放置せず、できるだけ早くご相談ください。

虫歯を放置する危険性

虫歯は放置することでどんどん進行していき、次のような危険性を生み出します。

治療期間が長引く
悪化した虫歯の治療には、痛みを伴います。周囲の歯が虫歯になると、さらに負担が増えます。
痛みなどの負担が増す
親知らずが比較的正しく生えており、咬み合う歯もあり、通常の奥歯と同じようにつかえることが見込める場合。
治療費がかさむ
治療が難しくなり、期間も長引けば、そのぶん治療費もかさんでしまいます。

重度の虫歯は「根」から治します~根管治療~

重度の虫歯は「根」から治します~根管治療~

虫歯が進行して「重度の虫歯」になると、治療は「歯を削って詰め物・被せ物をする」というだけで済まなくなり、歯の内部にある神経の治療が必要になります。この治療を「根管(こんかん)治療」といいます。

根管治療は、歯の中を通る根管という細い管の中から、虫歯に汚染されてしまった神経や血管を取り除き、消毒して薬剤を詰める治療のことです。根管は大変細かく複雑なつくりになっているため難しい治療になりますが、これを確実に行うことで重度の虫歯でも歯を抜かずに残せるようになるのです。

根管治療の流れ

STEP1:神経・血管の除去 STEP2:根管内の清掃
STEP1:神経・血管の除去 STEP2:根管内の清掃
死んでしまった神経・血管を除去します。
そして、根管の長さを正しく測定します。
根管の内部にある、虫歯菌に冒された歯質などをすべて取り除き、きれいにします。

矢印

STEP3:消毒 STEP4:根管充填
STEP3:消毒 STEP4:根管充填
根管の中に細菌が残らないよう、消毒して無菌化します。 根管の先まですき間ができないように薬剤を詰めて密封します。これで治療完了です。

治療は中断しないでください

治療は中断しないでください

根管治療では、神経の除去から消毒、薬剤の充填と、いくつもの過程を確実に行っていくことが求められるため、どうしても治療回数が多くなってしまいます。しかし、決して治療を中断してはいけません。

根管治療を中断すれば、根管内には細菌が残ったままになり、症状はさらに悪化してしまいます。ひどくなればさらに痛みが強くなり、治療はより難しく、歯を失うリスクはより高くなってしまうでしょう。そういった事態を避けるため、治療は必ず最後まで受けることが大切なのです。

虫歯になる前に定期検診で、しっかりと予防をしましょう。予防についてくわしくはこちらをご覧ください。

PAGE TOP